■2014.10.01 ご無沙汰でございます。折角掲示板にご投稿頂いているにも関わらず、相変わらずワタクシの環境から掲示板に書き込む事が出来ず、不義理を致しておりますが、この現状に業を煮やし、甚だ今更では御座いますがこの度ツイッターのアカウントを取得致しました。https://twitter.com/we_must_repeatになります。ご笑納ください。

■2014.03.03 こちらの環境からは何度試しても掲示板に書き込めなくなっておりますので、久々にこちらから失礼します。未だに信じられませんが、2014年2月17日、ボブ2号ことロバート・キャセール氏がお亡くなりになりました。 http://bit.ly/1oNOaWe 享年61。後日ジェリイが語ったところによると、胃壁に裂け目が出来、そこからの出血が止まらなくなったことが死因ということのようです。プレイヤーとして、またエンジニアとして一翼を担っていた彼の死はDEVOにとってあまりにも大きな損失であろうと思われます。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

■2011.06.06 掲示板でお約束したままになっておりましたAZVIBEさんちへのリンクとにさんからいただいたCG画像のアップを完了致しましたので謹んでご報告申し上げます。あとあけましておめでとうございました。

■2010.12.31 年末ともなりますと音楽各紙が挙って今年のベストアルバム50とか発表するもんだから、一応気になってロッキンオン、スヌーザー、クロスビートの3誌を店頭でチェックしてみましたが、ディーヴォのディの字もありませんでした!やっぱりか!厳密に言うとクロスビートの良心こと美馬亜貴子さんが10枚中10番目にお情けで入れてくれてた、その一個だけでした。まぁそんなこったろうと思ったよ!バッキャロウ!ロックは死んだ!それじゃ皆様よいお年を。

■2010.12.30 時間のなさやメンドクサさにかまけてお伝えしそびれていた様々なインフォメイションを歳末大放出!!そのいち、12月8日にリリースされたジャパニーズ・エレクトロ・ニューウェイヴ・ユニット、フロッピーのニューアルバム『Over Technology』に収録曲「low-bit Disco」をマークがリミックスしたその名も「Don't Be Tricked Remix」が収録されています!こないだのMのリミックスはジェリイ主導で行われたようですが、今回マークはどのように料理したのか気になります。そのに、掲示板でもお伝えしましたがここでももういっちょ。キーボードマガジン2011年冬号の連載企画「Artist Story」でDEVOが採り上げられています。佐藤公稔氏によるバンドヒストリー&ディスクガイド、マークへの最新インタビュー、さらには専門誌らしくPOLYSICSハヤシ氏によるシンセサウンド再現術がそれぞれ4頁ずつの計12頁!近年は来日やら新譜のリリースやらでDEVOが誌面を飾ることも一時ほど珍しいことではなくなりましたが、それにしたって読み応えのある12頁です。是非ご一読を。

■2010.10.05 Documents内「誰かがDEVOをパクってる」にビジュアルパクってる情報を追加しました(こちら)。情報をご提供いただいたくまもとさん、大変お待たせを致しました。バイザウェイ、DEVOの新譜に対抗してって訳でもないんでしょうが、ベルギーのエレクトロユニット、スタイロフォームのニューアルバム、『Disco Synthesizers & Daily Tranquilizer』にDEVOの二代目ドラマー、アラン・マイヤースが参加しているとの情報をキャッチしました!(詳細)CDジャーナル報じるところの「唄ものエレクトロニカ」に現在のアランの音楽性がどのように反映されているのか興味津々ですね。聴いてみたいなぁ。

■2010.06.25 DEVO20年振りのニューアルバム『Something for Everybody』、本国では今月15日に無事リリースされましたが、なんとビルボード総合チャート30位に初登場との事(証拠)!!ワールドカップに浮かれてる場合じゃありません。今すぐありったけのお赤飯を炊いてください!!

■2010.05.17 あなたの投票で収録曲が決まる「DEVO Song Study」キャンペーン、明日18日いよいよ結果発表!だそうです。どれが収録されるかより選に洩れた曲がどうなるのかの方が個人的には気になりますが、いずれにせよ注目ですな。あ、ニュートラ復刻盤のリリースも明日です。

■2010.05.14 昨年から出るぞ出るぞと囁かれながら結局今年にズレ込み、今月中の発売が一度はアナウンスされながらそれすら延期になったDEVO20年振りのニューアルバム、ようやく詳細がフィックスされたようですのでここで謹んでリリース・インフォメイション!まずタイトルは『Something for Everybody』で決定のようで、本国での発売が6月15日、我が国はさらに8日のおアズけを食らって6月23日のリリースだそうですが今度はホントなんだろうな。収録曲に関してはファン投票で収録曲を決定する「DEVO Song Study」キャンペーンが実施されましたが、CDジャーナルの報じるところによると16曲全部収録されることになってますね(こちら)。ホントなのかな。まぁそれにこしたことはないですが。アルバムにはThe Bird & The Beeからグレッグ・カースティン、Dust Brothersからジョン・キング、スウェディッシュエレクトロポップトリオTeddybears、個人的にはよく知らないSantigoldといったCDジャーナル報じる面々に加え、Fatboy SlimやJustis、LCD Soundsystemといったビッグネームの参加もウワサされているというからこれはどう考えても傑作なんじゃないでしょうか。つー訳で皆さん、6月23日までそのまましばらくお待ち下さい。

■2010.02.01 とっくにあけましておめでとうございます。新年のご挨拶に代えまして、Dictionaryにクラフトワークとホヤを追加しました。

■2009.11.24 大変遅くなりましたが、過日BBSにお寄せいただきましたカバー情報およびパクってる情報をそれぞれコンテンツに反映させていただきました。ありがとうございました。
さて、最新(でもない)DEVO情報そのいちとして、いつのまにかDEVOのTwitterが開設してました(こちら)。今後DEVOの最新情報はここをチェックすればいいんじゃないでしょうか。
そしてDEVO情報そのにとして、ロビン・スコットのソロユニット、Mの大ヒット曲 「Pop Muzik」 をいろんな人が寄ってたかってリミックスした 『pop muzik: 30th anniversary remixes』 というやつがいつのまにかリリースされているのですが(amazonで詳細を見る)、そこにDEVOがリミキサーとして名を連ねています。DEVOとして他人の曲をリミックスなんて初めてなんじゃないかなぁ。他のリミキサー誰ひとり知らないけどこれは聴いてみたい。

■2009.09.20 「誰かがDEVOをパクってる」を更新しました(こちら)。m-floがビジュアルをパクってる。

■2009.09.01 Documentsを更新しました(こちら)。新企画、 「こんなところに、あらDEVO」 です。

■2009.08.27 「誰かがDEVOをパクってる」を更新しました(こちら)。関西No Waveの雄、ウルトラ・ビデ登場!

■2009.07.21 先日、Talという国籍不詳な方から自分のサイトを紹介してくれ的なメールをいただきまして、見たところ一応問題なさそうなのでご紹介します(こちら)。どうやらDEVO関係のTシャツを買ってくれみたいなサイトのようですが、問題なさそうとはいえそのサイト訪れて以降eBay名義でヘンなメールが届き始めたのでご覧になる方はくれぐれもご用心くださいますよう。

■2009.03.11 リリース・インフォメイション!DEVOのかれこれ19年ぶりとなるニューアルバムのリリースがいよいよ具体性を帯びてまいりました(出典)!今秋の発売が見込まれているとのことですが、クラフトワークともども発売延期なんて何とも思っちゃいないDEVOのことだから、年内に発売されれば御の字といったところでしょうか。まぁ私のようにリアルタイムで19年待たされてるとちょっとやそっとの発売延期ではビクともしないという境地に達していますが、だからって出すんなら一刻も早く出していただいて一向に構いませんのでよろしくお願いします。あとロンドンで『頽廃的美学論』を完全再現するスペシャル・ライヴが決定とか書いてあるのが非常に気になりますね。「スラッピー」とか今できんのかなぁ。体力的に。もう年も年だし、体と相談しながら完全再現してください。つー訳で、今年もDEVOから目が離せない!

■2009.02.07 「誰かがDEVOをパクってる」にビジュアル編を追加してみました。Documentsからどうぞ。

■2009.01.01 いつのまにかあけましておめでとうございます。去年のDEVOは4度目の来日を含む世界各国でのライヴ、ワーナー期のカタログの紙ジャケ再発、あとこちらでは報じ忘れてましたが 「Watch Us Work It」 のアナログ盤リリースと、例年にも増して話題の多い一年でした。今年は噂されている(というかジェリイ自らが言いふらしている)新作の発表が実現に漕ぎ着けるといいなぁ。うちもこつこつ頑張ります。今年もよろしくお願いします。

■2008.12.21 「誰かがDEVOをパクってる」に一件追加しました(こちら)。

■2008.10.23 久しぶりにDictionaryを更新しました。今年の来日に伴い "Live in Japan" の内容を更新したのと、「D」と「R」にそれぞれ一項目づつ追加しています。

■2008.08.16 現在発売中の「Sound&Recording Magazine」(2008年09月号)に、 『Freedom of Choice』 のプロデューサー、ロバート・マーグレフがアルバムの制作過程を振り返るインタビューが掲載されています。永久保存版的な内容ですのでぜひご覧ください。

■2008.08.01 Documents更新(こちら)。 『Shout』 のアナログ盤ライナーに掲載されてた桑原茂一・中西俊夫・佐藤千賀子の鼎談をアップしました。

■2008.07.23 いやーみなさん、本日はいよいよDEVO BOXの発売日です!ご予約の方はお済みでしょうか。予約してないけしからんあなたのために、満を持して佐藤さんからご提供いただいたBOXの中身丸わかり画像を公開いたしましょう。どーん!(638KB)おわかりいただけましたでしょうか。えらいことになっています。こうしちゃいられますまい。是非買ってください。たらればな話で恐縮ですが、これが売れるとエニグマ音源の紙ジャケ化も見えてまいります。聞くところによるとエニグマ音源の権利は現在ワーナーが握っているらしいので、これの売り上げ如何ではひょっとしたらひょっとします。どうかみなさん、少し無理をしてでも買ってください。大事なことなので二度言いました。よろしくお願いします。

■2008.04.29 BBSにお寄せ頂いておりましたパクってる情報を追加させていただきました(こちら)。大変長らくお待たせいたしました。

■2008.03.11 カバーアーカイブス頁のライブでカバーした人たちについて、いつどこでカバーしたかを付記しました(こちら)。めんどくさかったのでぜひご覧ください。

■2008.02.27 大変長らくお待んたせいたしました。DEVOの実に5年振り、通算4度目となる来日が決定した模様です!単独公演ではありませんで、よっぽど気に入ったんでしょうか、またしてもサマソニです。公式サイトでも正式にアナウンスされております(こちら)。今回のドラムはジョシュが務めるみたいですね。8月9日・10日の2日間、東京と大阪、どっちがどっちかまだわかりませんが、いずれにしても今年の夏は熱くなりそうです!

■2008.01.31 どっからどう見てもあけましておめでとうございます。さて、昨年来BBSの方にお寄せ頂いておりましたカバー情報につきまして、やっとこさ追加させていただきましたのでまたよっぽどヒマな時にでもご覧ください。大変長らくお待たせいたしました。なお、パクってる情報につきましては引き続きもうちょいお待ちください。

■2007.12.31 本日をもちまして2007年もおしまいです。今年一年いまいちだった皆様はお疲れ様でございました。順調だった人のことは知ったこっちゃありません。かえりみれば、今年のDEVOはライブには積極的だった反面リリースがなかったのは残念だったかな。ま、くじけず期待し続けようじゃありませんか。当サイト的には全面リニューアルに始まり、コンテンツの更新もぼちぼち行えてまあまあといったところでしょうか。後半思うように更新できず、BBSで情報提供していただいた方々には誠に御無礼をつかまつっておりますが、必ず更新してみせますのでもうしばらくお待ち下さい。新たなる企画もぼんやりと構想中ですのでその辺もご期待いただければ。とりあえず「DEVOが誰かをパクってる」っていうのはやりたいですね。結構パクってるし。それではみなさん良いお年を。

■2007.10.30 ポリシックスのロス公演にアランが駆け付けたことは先日お伝えしましたが、なんと同じ日にジェリイも駆け付けていたことがこのたび発覚!(証言)そうなってくると我々的な興味は果たしてジェリイとアランは再会したのかという部分に俄然絞られてくる訳ですが、そういったことに関する記述は一切なし!こりゃー!!

■2007.10.17 一方の雄、DEVOも実は先月母国アメリカでライブを行っておりまして、オブセッソさんちにレポ上がってます(こちら)。セットリスト的にはたぶんヨーロッパツアーと同じなんじゃないでしょうか。何の根拠もないけど。なおDEVOは今年もう一発、ブラジル・サンパウロでのライブを来月予定しているそうです。

■2007.10.15 現在全米をサーキット中のポリシックス、そのロス公演にアランが駆け付けたそうで、彼らのオフィシャルブログ「できぬかな」にその時の写真が掲載されています(こちら)。Skyline Electricと対バンしたりしないかなー。日本で。

■2007.08.15 6月に行われたヨーロッパ・ツアーのレポがオブセッソ氏のサイトにてアップされとります(こちら)。どの会場も盛況だったようで何よりでした。今回のツアーではピーカブー演ったりしてるんですね。ヨーロッパ人が羨ましい。

■2007.07.19 アラン・マイヤース情報(Information About Alan Myers)!アラン氏が参加しているバンド 「Skyline Electric」 がMyspaceにサイトを開設いたしました(こちら)。ライブ音源が試聴できます。完全にインプロヴィゼーションで、ちょっと氏の顔が見えにくい演奏ですが、DEVOの歴代メンバー同様彼もまた現役のミュージシャンであることをぜひご確認ください。

■2007.05.21 Documentsの新企画、「誰かがDEVOをパクってる」を公開しました(こちら)。DEVOに似てる曲をいろいろ集めてます。

■2007.05.16 DiscogrphyのCoverページを公開しました(こちら)。DEVOの曲をカバーしてる人たちをまとめてます。調べてみてわかったんですが、DEVOをカバーしてる人って想像を絶するほどいるんですね。それはもう星の数ほど。あんなの到底コンプしてらんないです。コンプをしたらば身の破滅です。だもんで、私が持ってる持ってない関係なく、適当なところを見繕って紹介してます。本当はまだまだこんなもんじゃないので、見くびらないでください。

■2007.04.16 今年のDEVOはちょと違う。なんとsmoothnoodlemapsツアー以来実に17年振りとなるヨーロッパツアーがついに決定!してたようです。さっき気が付きました(詳細)。6月16日から30日まで、5ヶ国10ヶ所を巡るツアースケジュール。 「移動がバスでくたびれた」「客の入りが散々だった」 と後にメンバーの口から愚痴っぽく語られたあの伝説のツアー今、再び!ついでに日本も寄ってくれ!ヨーロッパじゃないけど!

■2007.03.21 Memberページをアランについて若干加筆、ならびにDictionaryページの "L" の段に一項目追加しました。

■2007.03.06 ポリシックスのニューアルバム 『KARATE HOUSE』 を聴きました。ラストの 「POLYSICS or Die」 って曲がどうもどっかで聴いたことのある曲なので聴いてみるといいです。

■2007.01.17 いくらなんでもあけましておめでとうございます。さて、新年早々ではございますが、トップページ以外の全コンテンツをリニューアルいたしました。もう事後報告ですから。しちゃったものはしょうがない。レイアウトも良い悪いは別にして一新、内容的にもバレない程度に充実させておりますので、よっぽどヒマな時にでもご覧ください。今年もよろしくお願いします。

■2006.10.30 今日未明、Archieさんという方からメールで教えていただいたサイトをご紹介します(こちら)。Archieさんご自身のサイトのようなのですが、この人どうやらいろんなアーティストのツアースタッフやってる人みたいで、今年のDEVOツアーにも同行していたらしく、そん時のオフショットとおぼしき写真を多数掲載しておられます。ぜひご覧下さい。
追記:ツアースタッフというかアイスクリーム屋さんみたいですね。よく見たらサイトアドレスにもアイスクリームドットコムって書いてあった。

■2006.09.20 Jihad Jerry & The Evildoers、掲示板でもお伝えした通りどう考えても傑作なのですが、その素晴らしさがいまいち世の中に浸透してる気がしないので、及ばずながらここで宣伝しときます。マークもボブ1号もかなりの曲数演奏してますし、ボブ2号は2曲しか参加してない代わりに「Danger」という名曲をジェリイと共作しているのでどうか皆さん、少し無理してでもお買い求めください。損はさせません。よろしくお願いします。

■2006.09.02 Jihad Jerry & The Evildoers情報。BBSでお伝えした通り、当たり前のように延期になった1stアルバム 『Mine Is Not A Holy War』 がいよいよ今月12日にリリースされます!なんでもEvildoersにはボブ1号とジョシュ・フリーズが参加しているらしいです(amazon情報)。早く聴きたくてイライラしてきた。

■2006.07.24 Jihad Jerry & The Evildoers 、amazonに予約してたんですが発売日過ぎてもウンともスンとも言ってこないので、注文キャンセルしてHMVに乗り換えました。amazonには猛省を促したい。
追記:どうも発売延期してたらしいのでamazonは猛省しなくていいです。

■2006.07.10 DEVO 2.0情報。 『Disney Mania 4』 というオムニバスアルバムに 「Monkey's Uncle」 なる曲が収録されてるらしいです。どうやらアルバム未収録のオリジナル曲っぽいですね。まためんどくさいことをしてくれたもんだなぁ。猿のおっさん。Jihad Jerry & The Evildoers 明日発売です。

■2006.07.04 危ねぇもうちょっとで5ヶ月ブリーフになるとこだった(更新が)。という訳でみなさん、大変長らくお待んたせいたしました。かねてより噂のジェリイのソロ・プロジェクト、Jihad Jerry & The Evildoersの12曲入りフルアルバム 『Mine Is Not A Holy War』 がいよいよ7月11日にリリース!されるハズ!アマゾンシーオージェーピーにも詳細がアップされているので信憑性は高い(詳細)。まぁDEVOなだけに延期になる信憑性も高いですが。聞くところによると打ち込み色の薄いバンド・サウンドとのことです。参加メンバー気になるなぁ。あと収録曲中 「I Been Refused」 「Find Out」 「I Need a Chick」 の3曲はどうやらDEVOのセルフカバーくさいのでそういった意味も含めまして期待せずにはいられない。 P.S. DEVOmidiというサイトのJeffさんから励ましのメールを戴きましたので、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。Thank You Jeff ! I can not understand English almost, but I got wonderful feel from all of your site. We're All DEVO !!

■2006.03.27 2ヶ月ブリーフ!(更新が) さてDEVO 2.0のアルバムはとっくに絶賛発売中な訳ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。かく言う私も遅ればせもいいとこですがようやく入手いたしました。とりあえず一番の気がかりだったDVDのリージョン具合はどうやらフリーのようで、うちの国産プレイヤーでもノープロブレミングでした。内容的にはアルバム収録曲の12曲中9曲分のヴィデオクリップをメインにそのメイキングみたいなのとメンバー全員のコメント&フォトギャラリー、そして2.0のメンバーがミューテイトーに乗り込んでのマークとジェリイへの個別インタビュー(ここは字幕が欲し過ぎる)、そのうえヴィデオクリップに使用されてるアニメーションだけがフルコーラス観られる機能まで搭載されているという至れり尽せりっぷりで、大変素晴らしゅうございました。ただこれデジパック(3面デジパック仕様っていうんですか、あの三面鏡みたいに広がるやつ)なんですけど、届いた時点で背表紙の真ん中に折り目ついてたのと、ディスクの取り出しにくさが冗談じゃないレベルに達しているので取り扱いにはくれぐれもご注意ください。本当に輸入盤のデジパックはクソ。

■2006.01.26 オブセッソさんが13〜15日のライヴ@キャニオンクラブをレポってるのでご紹介します(こちら)。なんか今回の3daysはやたらと有名人が駆けつけてたみたいで、トッド・ラングレン、ダグ・フィーゲル(ザ・ナックのボーカル)、テリー・ナン(ベルリンのボーカル)、カーズのメンバー(名称不明)、ザック・リアリー(『シャウト』のジャケットの少年。写真)といったお歴々がご来場、スティングに至っては楽屋見舞いをお見舞いしてくれています(証拠写真)。スティングとDEVOなんてまるで接点ないと思ってただけにオドロキですな。どういう風の吹き回しでしょうか。なお今回はジョシュがドラムを叩いたようですが、もうひとりのドラマー、デヴィッド・ケンドリックも駆けつけていたようです。コンドームをプレゼントされてゴキゲンなデイヴィッド(写真)。

■2005.12.26 この暮れの押し迫った忙しい時期にリリース・インフォメイション!DEVOのニューアルバム待望論が高まる中、彼らのニュー・サイド・プロジェクトがまたひとつ始動、その名も 「DEVO 2.0」 (ソース)!これはDEVOの楽曲を年端もいかない子供たちに唄わせるという素晴らしい企画で(証拠写真)、演奏はDEVO自身が担当してるというから必聴もいいとこですね。しかも発起人はディズニーだというから世も末です。DEVOのカバー8曲に新曲数曲を収録したCDとジェリイがディレクトした 「Whip It」 のヴィデオクリップその他が収録されたDVDの2枚組デビュー盤 『DEVO 2.0』 は2006年3月14日リリースだそうです。

■2005.12.01 DEVOのニューアルバム待望論高まる中、なんとジェリイのソロ・プロジェクトが始動! その名も「Jihad Jerry & The Evildoers」(ソース)。12曲入りCDのリリースを控えてるとの事で、ジェリイがDEVO以外の名義で音楽活動するのはDEVO結成以降初となるだけにいやが上にも期待が高まりますね。イスラム教徒に殺されない程度に頑張ってください。

■2005.11.20 かつてBBSで話題に上ったAnnerose Bucklersの、本人によるものと思われるサイトを発見しました(こちら)。BIOページを見るとDEVOのビデオクリップに3本出演してるとありますね。「Beautiful World」でマークと一緒に踊ってるのが彼女なんですかね。「Disco Dancer」にも似たような人が出てた気がするんですが、あれは彼女じゃないのかなぁ。DEVO以外にもストラングラーズのツアーに参加したみたいな事が書いてありますね。

■2005.10.25 現在発売中の 『散歩の達人』 という雑誌(11月号/定価580円)に、僭越ながらウチのDEVO@ツバキハウスの写真が掲載されておりますのみならず、僭越ついでにウチのサイトアドレスも掲載されてます。 「再読!『東京ガールズブラボー』なのだ!」 というページです。寿博士ことヒゲの未亡人こと岸野雄一さん(公式サイト)とライターの神田ぱんさん(公式サイト)の対談も掲載されてます。ゼヒご覧ください。

■2005.10.17 一年数ヶ月ぶりにArchivesを更新しました。

■2005.08.25 何と本日、我が家に 『Live 1980』 が届きました!発売日より一日早いご到着ッ!(頬を伝う涙) 400円余計に払った甲斐がありました。ナウオンサイトの発売日からいつまでたっても「(予定)」の文字が取れやがらないもんだから、てっきりクラフトワークに対抗して発売延期にでもなるんじゃないかと気が気じゃありませんでしたが、無事にリリースされて安心しました。それではこれから浴びるほど観まくらせていただきます。

■2005.08.16 現在DEVOは10月まで断続的に続くツアーの真っ最中ですが、今回のツアーでは珍しく 「Going Under」 や 「Wiggly World」 なんかを演ってるみたいですね(出典)。てっきりまたいつもと同じかと思ってナメてました。観たいなぁ。

■2005.07.23 先日サトーさんから電撃発表が繰り広げられた 『Live 1980』 国内盤リリースの話題です。サマソニDVDの国内盤化で我々の溜飲を下げたナウオンメディアさんからのリリースが決定した模様です。ナウオンさんのサイトに詳細が掲載されています(こちら)。発売日は8月26日の予定との事で、その点大丈夫かなと思わされますが、内容的には大丈夫に決まってます。収録曲見ただけでわかりますよね。完璧だ。特に絶頂期の彼らを見た事がないという人にこそオススメしたい。ぜひご覧いただいて、後頭部を鈍器のようなモノで殴られたような衝撃を受けて下さい。仕様的に片面1層なところが不安っちゃ不安ですが、収録時間=75分との事なので画質的にも問題ないでしょう。音質的には5.1chだし。さらにサントラCD&日本盤限定でエナジードームステッカーが付録として付いてきます。これだけ付けてお値段3,360円!消費税込み!3,400円でお釣りがきます。文句あっか!いや、ない!じゃあそういう事でよろしくお願いします。

■2005.04.04 遅ればせながら 「The Dig」 のあんばいを店頭で確認してきたのですが、DEVOの対談記事はきれいさっぱり載ってませんでした。何だこれ。ラルフ・ヒュッター(クラフトワーク)vs坂本・高橋はおろか、特に予告もされてなかったデビッド・シルヴィアンvs坂本龍一という、個人的にはどうでもいい記事までバッチリ収録されているというのに。ふざけんな。浮かれて損した。

■2005.03.29 明日発売の音楽雑誌 「The Dig」 はYMO特集との事で、何とDEVO初来日時に実現した高橋幸宏との対談が再録されてるらしいです(ソース)。これはぜひ入手しておきたい、いやおかねばならないところなのですが、そのためだけに1470円は果たして高いか安いか。

■2005.03.26 2月にリイシューされた 『Duty Now For The Future』 と 『New Traditionalists』 の件について、HMVのサイトで確認した限りやはりそれぞれにボーナストラックが収録されているみたいですね(ソース)。ただ 『Duty Now For The Future』 に 「Soo Bawlz」 が収録されてないところを見ると、かつてのInfinite Zero盤の再発ではなく、今回リイシューを担当したCollectablesレーベルがあらためてコンパイルしたものである可能性が高いのではないかと思われます。と同時に、6月に再発される 『Shout』 へのボーナストラック収録の可能性もかなり高くなってきました。

■2005.03.26 3月12日に行われたポリシックス・ライブ・イン・ロス・アンジェルスの楽屋見舞いにジェリイとデイビッドが訪れてたみたいですね。ポリの公式サイトでハヤシ自らが激白しております。ジェリイは相変わらずホメ殺し並みにポリをベタ褒め。ミューテイトー組は忙しかったのかな。

■2005.03.24  『スクール・オブ・ロック』 も記憶に新しい(観てないけど)眉芸俳優ジャック・ブラック(Jack Black)のインタビュー記事を発見しましたオンザウェブ(これ)。なんと文中、彼の実兄が 『Freedom of Choice』 のシステムエンジニアだったという衝撃事実が発覚しとります(インタビュアーはあっさり流してるけど)。そのコネで観たDEVOのコンサートが生まれて初めてのコンサート体験だったとの事で、 「本当に素晴らしかったよ」 と懐述する一方、 「これまでに観たコンサートでいちばん衝撃を受けたのは?」 との問いに 「ザ・ベスト? だったらニルヴァーナだよ!」 と即答するブラックさん。なんだDEVOじゃないのか。

■2005.03.19 リリース・インフォメイション!先月の 『Duty Now For The Future』 と 『New Traditionalists』 に続き、来る6月に 『Shout』 のリイシューが決定したようです。大変喜ばしいことですが、ここを見る限りボーナストラックは未収録のようでその点残念ですね。でも 『Complete Truth About De-Evolution』 で無残にもハジかれてた 「Are U Experienced?」 は無事収録されてるみたいで。やっぱあれはジミヘン(のそっくりさん)が棺桶から蘇生するシーンがマズかったのかなぁ。

■2005.03.02 ライブ・インフォメイション!大変長らくお待んたせいたしました。DEVOのライブ情報をキャッチいたしました(詳細)。何でも今年の8月から9月頃に6日間、アメリカでライブをやる予定があるとブチ上げています。それにしても 「Playing The Hit's!!」 なんつっていくつかの曲名が挙げられていますが、これホントに演奏すんでしょうか。スルービーイングクールにビッグメスにピーカブーですよ。これはどうにかして観たい。

■2005.02.14 あけましておめでとうございます。さて本年一発目のリリース・インフォメイション。今月の22日にリリース・イン・アメリカを控える 『Duty Now For The Future』 と 『New Traditionalists』 の真相が判明してまいりました(詳細)。収録曲を見る限りボーナストラックはゼロみたいですね。14年前にリリースされた日本盤みたいな感じになるのかな。なお、 『Oh, No! It's DEVO』 と 『Shout』 のリイシューも予定されているらしいとの噂レベルの情報が海の向こうでは飛び交ってるみたいです。しばらく様子を見ましょう。

■2004.12.30 届きましたよサマソニDVD。金曜リリースで土日挟んでの月曜到着ですから迅速な対応と言って良いでしょう。内容的には一曲終わるごとにお客さん(佐藤公稔氏。英語がベラベラ)やマーク&ジェリイへのインタビューなどがインサートされるというドキュメンタルな構成。特典映像はDEVOの東京巡りに80年のライブ映像(「Gut Feeling」)、そしてこれは貴重なデビッド・ケンドリックへの単独インタビュー。デビッドといえば彼、「サティスファクション」の時スネアと一緒にカウベル叩いてるんですね。今回DVD観て初めて気が付きました。

■2004.12.23 売れてもらわないと困るでおなじみのサマソニDVDなんですが、発売を明日に控えてまだアマゾンのリストにのってないという異常事態。しょうがないのでナウオンメディアのサイトから予約したのですが、予約しても割引なしな上に手数料まで取られるとなんかすごく損した気分になりますね(アマゾンでDVDを予約すると2割引でかつ1500円以上なら送料無料)。本来それがフツーなんですけど。

■2004.11.21 来月リリース予定のサマソニDVDですが、売れてもらわないと困るので広告スペースを設けました。みなさんひとつよろしくお願いします。

■2004.10.19 ここで国内盤DVD情報のおさらいです。10月27日に 『Complete Truth About De-Evolution』 と 『DEVO Live』 をカップリングした 『ヴィデオ・コレクション+ライブ1996』 が、12月24日に昨年のサマソニライブを収録した 『Live in Land of Rising Sun: Japan 2003』 が、それぞれリリースされるハズです。よろしくお願いします。

■2004.10.07 例のサマソニライブのDVDは予定通りリリースされてくれたみたいですね。今度のやつはどうやらリージョンフリーでのリリースのようなので(アマゾン調べ)、国産のプレイヤーでも安心してご覧頂けます。

■2004.09.24 昨日今日とDEVOはライブ・イン・シカゴですね。18日にはカリフォルニアかどっかでライブやってたらしいですがそっちはすっかり忘れてました。今日のライブは4月から断続的に続いてきたツアーのファイナルという事もあって大いに盛り上がるんじゃないでしょうか。またブージー坊やが登場しそう。

■2004.08.16 オブセッソ氏のサイトに7.22〜7.23のライブレポがあがってたのでご紹介します(ここ)。ブージーボーイの写真がないのが残念ですが。23日はライブがハケた後にClub Eugeneというところでマークとジェリイが 「ボンベイ・ドリームス(Bombay Dreams)」 というブロードウェイ・ショーの出演者と合流してDEVOの曲を数曲演奏した、みたいな事が書いてありますね。
さらにこれはオフィシャルでも告知されなかったのでまったくのノーマークだったのですが、どうやら8.1にPortlandのPioneer Courthouse Squareというところでライブをやってたみたいですね。そのレポも併せてご紹介(ここ)。ライブ後ジェリイがThe Punk Groupというちょっとどうかと思う名前のユニットのライブに飛び入りして "That's Good" を唄ったとの事です。

■2004.08.09 今さらですが先月23日のライブの模様を激撮してるサイトを見付けたのでご紹介します(ここ)。なんかアンコールでブージーボーイが登場して "Beautiful World" 演ったみたいです。ちくしょう。

■2004.07.24 そういえば22〜23日とDEVOはライブ・イン・NYCだったんじゃないすか。やっべすっかり忘れてた。取りあえず22日のセットリストが判明してるのでご報告します。
[DEVO Live at Morningside Park, NYC 07/22/04]
That's Good/Girl U Want/Whip It/Satisfaction/Uncontrollable Urge/Mongoloid/Blockhead/Jocko Homo/Smart Patrol/Mr. DNA/Gut Feeling ( Slap Your Mammy )/Gates of Steel
という訳で4月のライブとほぼ同じだったみたいですね。

■2004.07.20 Archives更新。 「DEVO in JAPAN 1979 & 1980〜ディーヴォ来日秘蔵フォトアルバム」 をアップしました。

■2004.06.29 Archives更新。 「interview with Alan Myers〜アラン・マイヤースさんに訊く」 をアップしました。

■2004.06.25 Archives更新。字幕起こし第二弾、 "We're All DEVO" 編をアップしました。退化革命30周年、怒涛の6月攻勢は続きます。

■2004.06.23 Archives更新。だいぶ前にけんそうさんに許可をいただいた 「♪ケラvsけんそーの、わいわいDEVOトーク」 復刻版をアップしました。

■2004.06.20 という訳でサイトのリニューアルを完了しました。NGワードは 「前の方が良かった」 です。

■2004.05.17 アメリカの著作権団体BMIが主催する映画TV音楽大賞(Richard Kirk Award)とやらをマークが受賞したみたいです(公式サイト)。まぁBMIの映画音楽大賞とか言われてもどの程度栄えあるもんなのか今いちピンと来ませんが、とりあえずおめでとうございました。ちなみにマークと一緒に写ってる、朝から肉食ってそうなおばさんがBMIの一番偉いヒトみたいです。

■2004.04.30 25日のセットリストが判明致しましたのでご報告申し上げます。
[DEVO Live at Los Angeles Coliseum, 04/25/04]
Freedom of Choice/Girl U Want/Whip It/Satisfaction/Uncontrollable Urge/Mongoloid/Blockhead/Jocko Homo/Smart Patrol/Mr. DNA/Gut Feeling ( Slap Your Mammy )/Gates of Steel
あとライブ写真展覧サイトもあわせてご紹介(ここ)。ドラムはデヴィッドのようですね。ナイキ特注とおぼしきDEVOジャージがイカしてます。マークはヒゲ剃ってさっぱりしました。

■2004.04.25 今日は例のナイキ主催のイベントでライブ・イン・ロサンゼルスですね。セットリストが気になってイライラする。

■2004.04.10 リリース・インフォメイション、アンド・モア!まず以前BBSでミマさんから電撃発表が繰り広げられたDEVOの国内盤DVDの件ですが、すでに海外盤でリリースされてる 『Complete Truth About De-Evolution』 と 『Devo Live』 の2タイトルが2枚組として 『ビデオ・コレクション+ライヴ1996』 のタイトルで6月23日にリリースされる予定である事が明らかになりました(ソース)。税込6300円(の予定)だそうです。海外盤同様 「RU Experienced?」 は未収録のようで、その点残念ではありますが、マークとジェリイのオーディオ・コメンタリーやChack Statlerのインタビューの内容が字幕で確認出来る(ハズである)事を考えたら海外盤持ってるヒトも必買(のハズ)です。以上リリース・インフォメイション終わり。次に(アンド・モア)、今TVでオンエアされてるFUJI FILMの企業CMの音楽をマークが担当してるみたいです。個人的に観た事がなかったんですが、FUJI FILMのサイト(ここ)で観る事が出来ました。DEVOの影もカタチもないアコースティックな曲調ですね。こんな感じでアルバム一枚作っても良いんじゃないでしょうか。

■2004.02.29 マークのインタビュー記事オンザウェブを発見しました(これ)。アドレスから推測するにかなり最近取材されたモノのようですが、1978年頃の事についてかなり突っ込んで語られてるのが特徴的で、 「1stアルバムは当初デヴィッド・ボウイのプロデュースでトーキョーでレコーディングされる予定だった!」 だの、 「ロバート・フリップの自宅にメンバー全員招かれた!」 だの、 「クラフトワークが 『自分達のツアーのオープニングにキミたちの映画を上映したい』 と言ってきた!」 だのと、あの頃ならではの景気の良い話がバンバンひけらかされておりますのでぜひご一読を。

■2004.01.29 「The Wait is Over!」 っつってから一体何ヶ月待たせるんだと大評判だったCLUB DEVOが、ついにリニューアルを果たしたみたいです(これ)。先日うちのBBSにも書き込んでくだすったオブセッソの人がデザインを担当してるみたいです。さすがに良く出来てますね。コンテンツ的には今回新たな目玉として、ジェリイの文章にマークのイラストという 「Devolutionary Times」 が登場。でも全文英語なもんだからまるっきり読めません。

■2004.01.23 2月24日にリリースを控えてるDEVOのライブDVD、その名も 『DEVO Live』 ですが、ジャケット写真がamazonにアップされておりましたので謹んでご紹介させていただきます(これ)。もうこの主要メンバーの体形見ただけで最近のライブだってわかるから便利ですね。しかしこのマッシュルームなヅラ被ってんのはいつのだろう。サマソニのじゃなさそうですが。