点火パルス



・先日「ディマー」の作り方について問い合わせを頂きました。
・「ニュートラルスイッチがありませんが…」ということでした。
・どうやって「停止中」/「走行中」を検出するかが問題です。
・とりあえず「スイッチでもつけといてください、考えます」ということに。



・方法としては。
・「ブレーキのかけ方」で判断する、たとえば後ろだけ(あるいは前だけ)使うと作動するようにする。
・「車体の振動」で判断する。
・「回転数」で判断する。



・ここは「回転数」で見てみましょう。
・どこから拾うかですが
 点火のパルサーコイル・点火コイル一次側・点火コイル二次側・点火以外の発電系といったところになります。
・ちなみにシェルパのタコメータは点火のパルサーから取っています。
・(技術レベルの低い私には)一番むつかしそうな、点火コイル二次側から拾うことを考えてみます。
・なぜ難しいのか、といいますとほかの方法は十分な電圧があるので
 クリップしてコンパレータでも通せばOKとなるからです。
・しかし、コイル二次側は直接繋ぐわけにもいかずケーブルから漏れるノイズを拾ってやることになります。
・アナログの技術が未熟な私には...........かなり厳しいです。
 (誤解があってはいけませんね、デジタルが得意なのではありませんアナログよりとっつきやすいだけなのです。)
・しかし!今回(?)も強い味方があります。(前回のは持ち主にお返ししました)



近所の日○SSのお兄さんが昔買ったオシロをくれました、“TRIO”です。(猫に小判ですか?)
パネルの一部が割れていますが、波形の表示は問題ありません。



・ということで358で増幅して...



358しか知らないのか?(そうです)
・ 教科書に書いてある反転増幅で増幅、様子を見ます。



・このオシロには波形を記憶してグリグリするような機能はありません。
・なので、デジカメを正面に据えてダンボールで影を作り、マニュアルフォーカスで何枚か撮ります。
・さらに、めぼしいものを画像処理してこの画像に到達します。
・矢印の先にうらめしそうな男性の顔…じゃなくて点火時のノイズを拾ったと思われる輝点があります。



・さて、これをこのままカウントしてみていいものかどうか?
・LM2907で作った古いタコメータをつないでみましたが、5000くらいまではそれなりに追従します。
 しかしそこから上にいきません。なぜ?
・二次側の電圧は大きな振幅から小さな振幅へ減衰していく自由振動みたいなもので
 輝点はひとつに見えますが、実際はいくつかのパルスの集まったものなのでしょうか?
・もう少し考えてみましょう。



メインページへ