H8/3048を使ってギアポジションインジケータの



・さて、1-2速の不安定なのを何とかしなければなりません。
・現状のギア判定は......(下図は例ですので実際の値とは異なります)
・太い線が回転数と速度の関係を表しています。
 実際には線上の任意の一点を記憶させているだけです、0を通る一次関数ですから。
 (任意の一点というと難しそうですが、実際のこの直線上のどこで「書き込みボタン」が押されるかわからないですし。)


例は3速の判定範囲の一部だけを表示

・こんな感じにしていました。
・速度と回転数の関係で上下3%を許容範囲としています。
・詳しい原因追求はともかく、対応策を考えます。(←原因を明らかにしないとだめだって)



・ここは一番、昔の消費税みたいな3%なんてのはやめて…。
・こんな感じにしましょう


例は2速の判定

・上下の境界を、一段上下のギアとの中間に設定します。
・なんとダイナミックで大味な方法...。



・で、各ギアの回転数と速度の関係から境界線を求めるようにプログラムを変更。6速は1.5倍上までを上限に。
・走ってみました、いい感じです問題ないと言っていいでしょう。
・でも…走っていると撮影できないのでHP上でお見せできません、残念。
・実験としてはこれで終わりです、「その1」でも書きましたが7セグのLEDにするのもいいかもしれませんね。
・この単機能だけであれば、もっと安くて小さい3664にしたいところです。
 が、カウンタのチャネル数が少ないですからそのまま載せるわけにもいきませんし。
・え?PICやAVRでもできるのでは?うーんそうなんでしょうけど私にはできません。もっと勉強が必要ですね。



メインページへ