HID



・ウチにはT型のジムニー(JB23)があります。

・購入後8年ほど経過し、ちょっとリフレッシュしてみようかと思い立ちました。

・大改造などする気は無いのですが、HIDを取り付ければ夜間の走行がより安心かもということでHIDを取り付けてみることにします。



購入


・JB23純正のヘッドライトはH4のハロゲンランプ、これに適合するHIDキットは各社から沢山発売されています。

・とりあえずオークションなどで販売されている物は除外して、使用する機種を選択します。

・高いものではスズキスポーツの「チュリニビーム」、安いものではサンヨーテクニカやらなにやら。

・しかし、こういう場合選択するべきはやはり「秋月電子」さんに決まりでしょう。

・2万円ちょっとのH4用キットを購入しました。

・保証は3ヶ月、説明書はA4両面印刷の簡単なモノが一枚附属していました。


取り付け

・いろいろな商品でパッケージに「取り付け前には説明書をよく読んで云々」と書かれています。

・が、秋月さんの説明書は非常に簡単に書かれており、読んでも得るものはほとんどありません。

・ただ、HIDの取り付け自体はコネクタの形が合うもの同士を繋げていくだけですから、非常に簡単であり詳細な説明書は不要でしょう。

・ちなみに説明書は中国で日本語に翻訳したものを流用しているようで妙な部分が多々ありますが気にしないようにしましょう。物自体が中国製ですから...。

・しかし注意事項には「車が止まっている状態にのみシステムをとりつけること」とあります。走りながら取付けする人はいませんから、エンジンが停止している状態でということを言いたいのでしょうか。



取り付け場所


・実際、取り付けとなると問題になるのはバラストの取り付け位置でしょう。

・バーナーと接続する必要から、あまり離れた所に取り付ける訳にもいきません。

・最終的にはこの位置になりました。と、いうよりはここしかないでしょうね。

右側です。

左側です

・左右いずれもヘッドライトユニットの後ろ側、フェンダーの上に取り付けました。

・そのままバラストを両面テープで取り付ければ早いのですが(付属品として両面テープも附属しています)、一旦アルミ板(t3mm)にネジ止めしそのアルミ板を両面テープで貼り付けています。



取り付けの覚え書き。


・左側は込み入った部分ではないので、作業は楽です。

・右側は近くにCPUやウィンドウウォッシャーのタンクがあり、ちょっと手が入りにくいようです。
ウォッシャータンクは取り外し、CPUに接続されているハーネスは固定用のブッシュとアースを一旦外すと作業が楽になります。

・左側と右側、フェンダーの内部の形状が微妙に違うようです。右側のアルミ板は短めに切断して使用しました。

・ヘッドライトユニット後部の防水カバーはH4バルブに合わせてあるので(当たり前)、丸く切り抜いてバーナーの後端に被せます。(上の写真でもわかりますね。)
防水上は多少不安が残るので、対策は思案中です。

・残るはHI/LOのコントロールユニットですが、いい場所が思いつかなかったのでウォッシャータンクの後ろ側に両面テープで貼ってしまいました。



点灯すると

・こんな感じです。


まだ、夜間走行していないので効果の程はわかりません...。




メインページへ