第21回 狼男だよ再び

ついに「狼男だよ」が復活した。
ハルキ文庫で。
角川文庫とハルキ文庫って同じ角川書店ですよね。改竄事件からのわだかまりはもうないのでしょうか?
なにはともあれ平井作品の文庫化は歓迎すべきことです。

八王子地底で「かならず、またお目にかかろう。」と締めくくられたこの作品。
なんども出版社を変遷しながら発表されたが、それを読み返すたびに、このころの犬神明は良かったと思ってしまう。
このアダルト・ウルフガイシリーズ。どんどん巻を重ねるたびに、犬神明は深刻になっていってしまった。
いきのいいルポライターも神懸かりになってしまってすこしかわいそうになってしまう。

ウルフガイ・シリーズは完結したけど、このアダルト・ウルフガイシリーズは途中のまんまだ。
どうにかけりを付けてもらいたいと願ってやまないシリーズである。
現在継続中の「月光魔術団」はアダルト・ウルフガイとは無縁のようだし、この先新作がかかれることはないのでしょうか?

 

<つづく>