第36回 耽美小説 [2000.3.5]

「ウルフガイDNA」を某書店で探すとジャンル別で耽美小説となっている。
ちょっと考えてしまうジャンルだ。平井作品は耽美小説なのだろうか?
また他の書店では○×ゲー・ノベライズ小説と同じ扱いを受けている。
これは不当だと主張したい。
けれどどう説明すれば不当だとわかっていただけるだろうか?

確かに最近の平井作品は色っぽい。
挿し絵のあるページを人前で読むのは気が引けてしまう。
カバーなしでは外で読むにはちょっと。

けれどおもしろいものは、いつでも善だ。
堂々と読みましょう。

 

<つづく>