第43回 幻魔大戦DNA [2000.4.23]

「ウルフガイDNA Vol.10」ゲットしました。17日のことです。
もう1週間が過ぎましたし、これに対するコメント、してもいいですよね。

平井先生のeブック、私は「ウルフガイDNA Vol.5」を最後に買っていないのです。
以前もWEB上でコメントいたしましたが、本がすきで、読むのもやはり本にしたいと思っています。
eブックについてはノートパソコン上のものである以上、パソコンを立ち上げるという作業がどうしても必要で、手軽さを欠いてしまいます。
私のノートパソコンは会社支給の「PowerBook 400MHz」でとても手軽なものとは言い難い。
ノートパソコンでデザイン仕事もできる優れものではありますが、eブック専用としては重すぎます。
もちろん平井先生のeブック、コピーしてあります。
このような状態でeブックのみになってしまうとすこし悲しいです。
電車で読むというわけにはいかないでしょうね。

eブックの魅力としてはCD-Romでの提供が可能になるということでしょうか?
データ安全性も優れていますし、全作品が納められたものとなるとファンにはたまらないものとなるでしょう。

さて表題の件ですが「月光魔術團 第3部」が「幻魔大戦DNA」となるということ、これはうれしい。
新しい幻魔大戦ということになりそうですね。念願の復活がかなうということでしょうか?
「月光魔術團」は永井豪の「バイオレンス・ジャック」みたくなっちゃうんでしょうか?

 

<つづく>