弥雲舎について

弥雲舎01

弥雲舎02

弥雲舎03

“住み継がれる家”のシンボル

「弥雲舎」とは、大正後期に建てられた古民家です。
所長の祖父母が大正から昭和、平成と大事に大事に慈しんできた家です。ここに新しい風を通し、
光を満たし、思い出を大切にしながら暁設計が再生してみました。

現在、これまでの住宅としての役目から、私たちの事務所としての役目に変わり、今も少しずつ
手を入れながら、ゆっくりと時を刻んでいます。

立派な庭園も含め、とても手のかかる子ではありますが、それ以上に歴史や思い出の詰まった、
かけがえのない存在になっていると思います。
私たちが住宅設計において大切に考えている「住み継がれる家」のシンボルです。
お越しの際には、ぜひゆっくりと時の流れを感じてみて下さい。

弥雲舎04

弥雲舎05

弥雲舎06

事務所紹介

建築家プロフィール

Copyright© 2013 株式会社暁建築設計事務所 All Rights Reserved.