大野研究室 本文へジャンプ
普通国債発行残高、名目国内総生産、生産年齢人口(15-64歳人口)の推移

グラフの下にある注をかならずお読みください
           
2021年4月5日更新
普通国債発行残高、名目国内総生産(GDP)、生産年齢人口の推移(1965年~2020年)

データ出所:普通国債発行残高は財務省「戦後の国債管理政策の推移」(年度)、名目国内総生産は内閣府(暦年)。生産年齢人口(15-64歳人口)は総務省「労働力調査」。
注意:1993年までの名目国内総生産は1990年基準(68SNA)、以降は2011年基準(2008SNA)による。
注意:内閣府は2016年にGDP推計方法を変更し、これまで含まれなかった研究・開発費をGDPに加算することにした。上表の1994年以降の数値は、このあらたな基準によって再計算されたものである。なお、この変更によって名目GDPは大幅にかさあげされることになり、たとえば2011年の名目GDPは約20兆円かさあげされた。
注意:記載内容については十分吟味しているつもりですが、誤りがないことを保証するものではありません。またアップロード後に原数値が修正される可能性がありますが、ご覧の時点で、調整・修正が反映されていない可能性があります


日米の長期国債金利の推移はこちら