大野研究室 本文へジャンプ
経済的理由でパートで働いている労働者数(非農業部門/アメリカ)

グラフの下にある注をかならずお読みください

経済的理由でパートで働いている労働者数(非農業部門)(註1) 
2007年1月~2021年9月(季節調整値) 2021年11月16日更新

単位 千人                                    データ出所:米労働統計局

註1経済的理由でパート(週34時間以下)で働いている労働者数(下の①と②の総計)
    ① 職場で仕事が不足している、経営環境が悪いなどの理由で労働時間を短縮(パートと)し
      て働いている労働者数

    ② フルタイムの仕事が見つからないためパートで働いている労働者
注意:記載内容については十分吟味しているつもりですが、誤りがないことを保証するものではありません。また上記のグラフの数値は、アップロード後に数値が修正される可能性がありますが、ご覧の時点で、調整・修正が反映されていない可能性があります。



経済的理由でパートで働いている労働者数(非農業部門)(註1) 
1955年5月~2021年9月(季節調整値) 


単位 千人                                    データ出所:米労働統計局


注意:記載内容については十分吟味しているつもりですが、誤りがないことを保証するものではありません。また上記のグラフの数値は、アップロード後に数値が修正される可能性がありますが、ご覧の時点で、調整・修正が反映されていない可能性があります。
注意:2017年1月以前のデータは2017年2月4日時点での公表数値を使用しています。


▸ アメリカの雇用情勢にかかわるその他のデータはこちら