大野研究室 本文へジャンプ
アメリカにおける労働力率(労働参加率)の推移

アメリカにおける労働力率(労働参加率)の推移 グラフの下にある注をかならずお読みください
           
2021年11月16日更新
2007年1月~2021年10月(季節調整値)

データ出所:米労働省
注意:記載内容については十分吟味しているつもりですが、誤りがないことを保証するものではありません。またアップロード後に原数値が修正される可能性がありますが、ご覧の時点で、調整・修正が反映されていない可能性があります

解説
 下のグラフから明らかなようにアメリカの労働力率は1990年代にピークをつけた後、長期的に低下傾向にある。その最大の理由は人口の高齢化である。また90年代以降、欧州や日本で育児休暇の充実などがはかられ女性労働力率のアップがみられる一方で、アメリカはこうした流れに乗り遅れ、90年代以降先進国では珍しく女性の労働力率が低下していることも労働力率の低下に寄与している。より詳しい説明はこちらを参考


アメリカにおける労働力率の推移 
1948年1月~2021年10月 

データ出所:米労働省 
注意:記載内容については十分吟味しているつもりですが、誤りがないことを保証するものではありません。またアップロード後に原数値が修正される可能性がありますが、ご覧の時点で、調整・修正が反映されていない可能性があります


▸ アメリカの雇用情勢にかかわるその他のデータはこちら