<
大野研究室 本文へジャンプ
EU、ユーロ圏、ドイツ、イギリスのインフレ率(HICP)

グラフの下にある注をかならずお読みください

ユーロ圏、ドイツ、イギリスのインフレ率(HICP)の推移<生鮮、エネルギー含む全品目>
2015年1月~2021年10月
   2021年11月2日更新

単位 %(年率)                    データ出所:Eurostat
注意:ユーロ圏(ユーロを採用しているEU加盟国)に含まれるのは、ベルギー、ドイツ、エストニア、アイルランド、スペイン、フランス、イタリア、キプロス、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、オーストリア、ポルトガル、スロベニア、スロバキア、フィンランドの19か国(2017年現在)。
注意:イギリスの数値は2020年11月まではEurostatの公表数値(HICP)、それ以降はイギリス統計局の公表数値(CHIP)。CHIPは月央の発表。 
注意:記載内容については十分吟味しているつもりですが、誤りがないことを保証するものではありません。また上記のグラフの数値は、アップロード後に数値が修正される可能性がありますが、ご覧の時点で、調整・修正が反映されていない可能性があります



ユーロ圏、ドイツ、イギリスのインフレ率(HICP)の推移<生鮮、エネルギー含む全品目>
2007年1月~2021年10月


単位 %(年率)                       データ出所:Eurostat

注意:記載内容については十分吟味しているつもりですが、誤りがないことを保証するものではありません。また上記のグラフの数値は、アップロード後に数値が修正される可能性がありますが、ご覧の時点で、調整・修正が反映されていない可能性があります


► アメリカのインフレ率のデータはこちら